CARPET LIFE 専門誌「C‐life」AGI

「C‐life」は カーペットに関する情報とアドバイスの記事、ウール織じゅうたん中心にウールカーペット・カーペット・ラグなど敷物のことをご紹介しています。

フローリングの床に比べてカーペットの利点

f:id:akigamishop:20200206150400j:plain

カーペットは、ほとんどの家庭で最も人気の床製品です。

建築材料としてフローリングが定番ですが、インテリアで見れば壁紙などと同じ床製品も本来自由に選べるはずと思うでしょう。

 こちらでは、フローリングよりカーペットや敷物の方がどう優れているのか?

など、ご紹介します。

 

カーペットはフローリング床よりも静かです

木材など硬質な床はうるさいことがあげられます。その上を歩くと反響するように思われる雑音があります。

犬のつま先の爪もコツコツと反響します。カーペットのように音を吸収しないため、雑音が反響します。また話す声などはフローリング床の上をカーペットの上よりもはるかに大きく移動します。ご家庭で音の雑音レベルを下げたい場合にはカーペットが正しい選択です。

また、カーペットには、部屋や家が反響しない音を抑える要素がありますが、カーペットはフローリング床のように滑りにくいです。犬の爪は木やビニルフローリングの床を永久に傷つけ、大きな音を立てます。
すべての上にカーペットを敷くのが良い選択になります。

 

カーペットはフローリング床よりも柔らかい

座ったり、寝転んだり、立っている場合、フローリング床は背中、足腰、足の痛みにつながります。カーペットは非常に柔らかいので、足腰の負担などの場合は、フローリング床に比べて明らかに有利です。

 

カーペットは断熱性に優れています。

フローリングは表面が冷たいこともあり、また断熱性に乏しい。カーペット表面はフローリングより冷たさはなく、高品質のカーペットとフェルトパッドの組み合わせを選択すると、より断熱効果を発揮します。これは、エネルギーの使用とコストを削減しようとしている場合、すべてが役立ちます。

 

カーペットは堅木張りのフローリング床ほど長く続かない

これを欠点と考える人もいます。製品にもよりますが、カーペットの品質と設置場所に応じて、およそカーペットの寿命は5〜12年です。これにより、「暮らしの変化」がもたらす多様性を楽しんで、より頻繁に改装・模様替えをする機会が与えられます。

 

■ カーペットの敷き方

f:id:akigamishop:20200206151239j:plain

敷き込み工事をして敷く

敷き方は、職人さんが施工して壁から壁まで敷き込む方法。

 

f:id:akigamishop:20200206151508j:plain

フローリングや石のタイルの上に必要サイズのカーペットを敷くエリアに敷く置き敷き、ラグという敷き方があります。

 

f:id:akigamishop:20200206152017j:plain

カスタムカーペット

フローリングを少し見せた施工とラグを組み合わせた敷き方

 

f:id:akigamishop:20200206152549j:plain

ラグのようにカーペットを敷かれているのとフローリング床では、インテリアの雰囲気もすごく変わります。

 

 

 お読みいただきありがとうございます。

 

 

f:id:akigamishop:20190323121047p:plain

AGI WEBショップでは、健康と環境に優しい最高品質のウール織じゅうたんを専門に高品質のナチュラルウールラグの販売を行っております。
「健康的な快適空間にしたい!」「リラックスした空間に過ごしたい!」「質の高い睡眠環境つくりに!」など素敵な内装・心地よいお部屋作りにお選びくださいませ。