CARPET LIFE 専門誌「C‐life」AGI

「C‐life」は カーペットに関する情報とアドバイスの記事、ウール織じゅうたん中心にウールカーペット・カーペット・ラグなど敷物のことをご紹介しています。

寝室・快適な睡眠環境を整えるために・カーペット

f:id:akigamishop:20200111135654j:plain

一日の疲れを取り、明日への活力を養う寝室。健康な日々を過ごすためにも、良質な睡眠環境を整えたい場所です。

 

■睡眠の質

健康な心と体は、質の高い眠りからといわれています。
睡眠中には体の変化があります。たとえば成長ホルモンの分泌など。

成長ホルモンは、年齢にかかわらず人には大切な物質で、細胞の新陳代謝を促し、健康や美容のもととなります。

質の高い眠りは免疫力を高め、病気になりにくい体をつくります。

良い眠りは心の動きにも影響し、一晩ぐっすり眠ると明るく前向きな気持ちになれます。

 しかし、現代人は不規則な生活を送りがちです。眠れないという悩みも増えています。

 

■カーペットの効果

カーペット自体はハウスダストの舞い上がりを抑制したり、断熱・保温効果や肌触り・静かさなどの良質な睡眠環境づくりを可能とする性能を持っていることから、寝室はカーペットの良さが最も生かされる空間とも言えます。

 ウール素材で敷きつめて上質感を演出したり、ベットサイドにラグを敷くことたけでも冬場のヒートショックを抑えることができます。

 

 ■カーペットと色

ブラウン色で家具と調和させたり、淡い色で空間にメリハリをつけたり、精神を安定させる効果のあるグリーンやパープルなど、デザインを選べることもメリットのひとつです。

部屋全体を落ち着いた印象にまとめるベージュやグレーの淡い色や、精神を安定させる効果のあるブルー系やパープル系の淡い色などを選ぶといいでしょう。

 

 ■壁の色で

英国の塗料メーカーの調査によれば、熟睡できない理由はベッドルームの壁の色が原因かもしれないとのこと。

・最も質の高い睡眠を確保できているのは、ベッドルームがグリーンのイギリス人。
・レッドのベッドルームに寝ている人は、寝苦しさを感じる傾向にある。
・イエローのベッドルームで寝ている人は、疲労感を訴える傾向が最も高い。

 

質の高い睡眠を得るには、色使い以外にもベッドのサイドテーブルの表面はきれいに保つことの大切です。

一日の終わりにきちんと片付け、ベッドまわりをすっきりさせておくことがポイントです。

 

 

agicarpetshop.hatenablog.jp

 

 

f:id:akigamishop:20190323121047p:plain

AGI WEBショップでは、健康と環境に優しい最高品質のウール織じゅうたんを専門に高品質のナチュラルウールラグの販売を行っております。
「健康的な快適空間にしたい!」「リラックスした空間に過ごしたい!」「質の高い睡眠環境つくりに!」など素敵な内装・心地よいお部屋作りにお選びくださいませ。