CARPET LIFE 専門誌「C‐life」AGI

「C‐life」は カーペットに関する情報とアドバイスの記事、ウール織じゅうたん中心にウールカーペット・カーペット・ラグなど敷物のことをご紹介しています。

ママと赤ちゃんのためのウール織じゅうたん


f:id:akigamishop:20190529123943j:plain

敏感な肌に優しく、ナチュラルで、生分解性を持ち、

自然の大きなサイクルを巡って再生することができる繊維 

 

それがウール。

 

乳幼児や妊婦さんが暮らす床としての、ナチュラルな選択。



f:id:akigamishop:20190529124003j:plain

受け継がれる特性 
ウールは、天然の保護機能を発揮するために何百万年も進化してきました。 苛酷な環境や厳しい気候から身体を守るため、自然によって創られたウールは、乳幼児が暮らす生活空間として最適。

 

高級感漂う柔らかさと肌触り。耐久性にすぐれ、お手入れも簡単。そして、幼い赤ちゃんが寒いと感じる時は暖かく、暑い環境にいる時は涼しく保ちます。

 

ウールには天然の難燃性があり、溶けて肌に貼り付くことがありません。衣服や寝具としても安全ということでも使用されています。 あらゆる外的要因から身体を守るために進化してきた天然繊維であるウールは、強い日光からも高い天然保護性を持ちます。

 

ウール寝具とウール寝間着が安眠に良い影響を与えることが明らかになってますが、ウール織じゅうたんの床では、床で遊んだり動き回ったりする赤ちゃんが良い運動をし良い安眠へと導きます。

 

自然とウール織じゅうたんの上で眠りについていたりします。

 

f:id:akigamishop:20190529124037j:plain

上質なウールの織じゅうたんは、カーペットの特性により、ホコリや花粉などのアレルゲンを取り込み、ハウスダストなど、空中へ舞い上がりを防ぎ、安心な空気環境をつくり、それらの呼吸域から守ります。

 

ウール織じゅうたんが敷かれた床は、湿度と温度を調整する特性があるので、体温調節を自然に助けてくれます。

 

ウールがもつ通気性の良さや温度調整といった特性により、肌がベトつくことを抑え、より快適な状態に保たれます。

 

必要な部分にラグとして敷いてみたり、カーペット敷きのようにフロアライフを楽しむ空間として敷いていただけます。