CARPET LIFE 専門誌「C‐life」AGI

「C‐life」は カーペットに関する情報とアドバイスの記事、ウール織じゅうたん中心にウールカーペット・カーペット・ラグなど敷物のことをご紹介しています。

ハウスダストとダニを除去するための最も重要なツールは掃除機です。【カーペット】


f:id:akigamishop:20190529015414j:plain

 

ホコリやダニは高湿度の環境で見つけられます。

家の中に発生するチリやホコリの集合体を、ハウスダストと言います。
ハウスダストの中にはダニのフンや虫体の一部が多く混合しており、空気中に
舞い上がったその成分を吸い込めば呼吸器系に、肌に付着すれば皮膚に
トラブルが起きるとされています。

 

f:id:akigamishop:20190529015503j:plain
■ ダニのいる家庭では、
ダニの生息数の60%がベッド、マットレスと枕
30%が室内装飾品
10%がカーペットで発見されています。
また、微粒子(ホコリ、花粉、ハウスダストなどのアレルギー性物質)の舞い上がりは
フローリングや硬質な床の方が多いのです。

ハウスダストダニには2種類あります。
コナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニ

どちらの種も、皮膚やアカなどをエサにしているので、ヒトの肌がたくさん触れる場所で繁殖しやすいのです。

 

ヒョウヒダニの分類に属するダニは非常にサイズが小さく、人を刺したり噛んだりはしません。
しかし、小さいからこそハウスダストに混じって空気中に舞い上がりやすく、また数も多いため呼吸を通して取り込んでしまうアレルゲン物質の量も多くなります。

アレルギーの原因になるのはダニはダニでも死骸やフン【死ダニ】です。
空中に舞ったダニの死骸やフン【死ダニ】を吸い込むことによって鼻炎症状や咳などが出てきます。空中に舞いにくい生きたダニ【生ダニ】はアレルギーは起こしにくいのです。


f:id:akigamishop:20190529015535j:plain

■ 湿度55%未満の湿度を維持する
室内で快適な湿度は40~60%とされています。40%以下になると目や肌、のどの乾燥を感じるだけでなく、インフルエンザウイルスが活動しやすくなります。反対に60%以上になるとダニやカビが発生するようになります。

ダニは生き残るために湿った条件を必要とします。ダニの平均寿命は2〜2.5ヶ月ですが、湿度が50%未満ではダニは7〜10日を超えて生存することはできません。

住宅用または商業用の暖房、換気、および空調システムを効率的に運用すると、ダニの数を効果的に減らすことができるいわれています。

また快適な湿度の室内環境をつくるには、機械的なシステムだけでなく床と壁の内装材を変えるのもポイントです。

床には吸湿性の優れたウールカーペット
壁には調湿効果のある和紙壁紙などです。

湿度とウールカーペットと和紙壁紙についてこちらのブログをご覧ください。



f:id:akigamishop:20190529015619j:plain

ハウスダストおよびダニを除去するための最も重要なツールは掃除機です。


喘息などのアレルゲンの原因であるホコリやダ二は、こまめに清掃を行い
室内をできるだけきれいに保つことによって最小限に抑えられます。
カーペット、家具、繊維製品を定期的に掃除すると、ダニの死骸やフンが取り除かれ、
ダストダニの数を少なくするのに役立ちます。

フローリングや硬質な床の場合
アレルギーの原因となるハウスダストが舞い上がりやすく
喘息などの呼吸器系に影響を起こしやすいですが

カーペットの場合
繊維の中に微粒子(ホコリ、花粉、ハウスダストなどのアレルギー性物質)をとり込み、アレルゲンを引き起こす物質をしっかりと保持している為、空気中に浮遊するのを防ぎ、自然の空気フィルターとして作用し呼吸ゾーンから守ります。

掃除機を使用して効果的に掃除し、ホコリやアレルゲン物質が空気中に拡散するのを
最小限に抑えることが重要です。