CARPET LIFE 専門誌「C‐life」AGI

「C‐life」は カーペットに関する情報とアドバイスの記事、ウール織じゅうたん中心にウールカーペット・カーペット・ラグなど敷物のことをご紹介しています。

なぜカーペットを選ぶのですか?


カーペットを選ぶ理由

メリット
カーペットVSハードフロア

f:id:akigamishop:20190529130824j:plain

2004年頃に英国の新聞に掲載されていた記事に、過去5年間にハードフローリングの事故を起こした件数は300%以上増加しているとありました。

これは、カーペットを選択することの1つの側面にポイントを当てているかもしれませんが、ハードフロアの上にカーペットを敷くことは、多くのメリットがあります。


カーペットを選ぶメリット
良質なカーペットを選択することから得られるメリットは多岐にわたります。
どのタイプのカーペットでも遮音性、省エネルギー、快適性、安全性、滑りにくいなどのフロアを提供し、清潔で設置が簡単に行えます。



遮音
住宅の騒音トラブルは、人々の暮らしに深刻な影響を与える可能性があります。この点で、カーペットは吸音による衝撃音を低減する重要な役割を果たします。

カーペットの使用は吸音性を高め、衝撃音の伝導は5〜15dBの間にある硬質な床の比較値とは対照的に、30dBまで減少させることができます。

マンションなどの集合住宅の階下に対して硬質な床の騒音は最もよく聞くかと思われますが
たとえば、家にカーペットを敷くことで椅子の移動音、物の落下音等の音の低減が生活で実感することができます。




省エネ
カーペットは、部屋の暖かさを保ち、それによってエネルギーの節約に貢献することができます。カーペットは熱伝導が低く、断熱材の役割をしてくれるので、冷暖房の効果を高めてくれます。

これは、カーペットの優れた足裏の快適さと相まって、暖かい季節から寒い季節への移行時の暖房の使用量を大幅に削減することができます。

最大30日間の熱が節約され、約4〜6%の省エネルギーがもたらされ、結果的に暖房費が削減されると推定されています。




安全性
安全性は2つの側面にあります。特に濡れたときの滑りの減少、関節のストレスの減少をカバーします。カーペットの柔らかい弾力性の繊維はクッション効果と優れた歩行疲労度の緩和の特性を提供します。

カーペットの足元の安全性は、家庭と職場の両方で重要な特徴です。幼児および高齢者は、特に床でのスリップや転倒の場合には、カーペットの柔らかい弾力性が傷害の危険性を低減させます。




健康
優れたダストトラップ性を備えたカーペットは、健康的な生活環境に貢献します。埃はすぐに落ち着き、掃除されるまでカーペットのパイル繊維によってしっかりと保持されます。

空気フィルターによって塵埃が邪魔されることはなく、室内空気の塵埃含量が低く保たれます。これは、塵埃粒子が細菌、アレルゲンおよび他の空気汚染物質を浮遊させるのを軽減する作用がありますので、特に重要です。

カーペットによるアレルギーは不明です。カーペットがダニ - ダニアレルギーを促進するという話は、実際のアレルゲンそのものであるハウスダストダニの糞便に起因するため、真実ではありません。

寝具とベッドリネンは、カーペットよりも70%多くダニを含んでいます。
定期的な掃除と清掃で十分に換気された部屋は、カーペットがアレルゲンを含有したり、閉じ込めたりすることは事実上不可能であることを意味します。




クリーニングとメンテナンス
カーペットのクリーニングとメンテナンスは、迅速、簡単かつ低コストです。




カーペットはすばやく簡単に設置することができ、壁から壁への設計でも、他の床面との組み合わせでも敷くことができます。

ほとんどの高級カーペットは優れた耐摩耗性を有しています。つまり、最初の段階で適切なカーペットが選択されれば長年の快適な暮らしが期待できます。




f:id:akigamishop:20190323121047p:plain

AGI WEBショップでは、健康と環境に優しい最高品質のウール織じゅうたんを専門に
高品質のウールラグの販売を行っております。
 「健康的な快適空間にしたい!」「リラックスした空間に過ごしたい!」「美しいインテリアを作りたい」など素敵な内装・心地よいお部屋作りにお選びくださいませ。