CARPET LIFE 専門誌「C‐life」AGI

「C‐life」は カーペットに関する情報とアドバイスの記事、ウール織じゅうたん中心にウールカーペット・カーペット・ラグなど敷物のことをご紹介しています。

ウールは湿気を吸収します。ウール織じゅうたんと和紙壁紙のある空間

もうすぐ夏も終わりに近づいてます。
大雨や台風、梅雨の季節など、ジメジメとお部屋で感じると思います。
近年、気密性のたかい住宅で問題視されている、ビニル壁紙やビニルフローリングなどの建材。
通気性の悪さなどで発生する結露によるカビやダニの繁殖、それに伴う室内のジメジメ感。

嫌ですよね?


■ウールの内部は湿気をたっぷり吸収します

f:id:akigamishop:20190529015535j:plain


ウールの表面はスケールというウロコ状のもので覆われています。スケールで覆われた表面は水をはじく特性を持ち、反面ウールの内部は湿気をたっぷり吸収します。


f:id:akigamishop:20190529130929j:plain

その吸湿性は通常の状態で綿の約2倍。ポリエステルの約40倍。驚異的な数字です。
ウール織じゅうたんやウールカーペット・ウールラグを敷いたお部屋では湿度を吸収し、

およそ四畳半の大きさのウール織じゅうたんの場合、コップ8杯分の湿気を繊維内部に吸い取ることができます。しかも、湿気を吸っても表面はぬれずに、ムレを感じさせずいつもサラっとしています。



■地球環境にも優しい持続可能な素材

f:id:akigamishop:20190529122410j:plain


ウールは年間を通じて羊たちが育んでくれる、自然で再利用可能な繊維です。適切な環境の下では、ウールはすべてリサイクル可能で、織じゅうたん・カーペット・ラグがその役割を終えるとウールは土に還り堆肥となります。







■和紙壁紙の調湿効果

f:id:akigamishop:20190529131018j:plain

和紙壁紙は呼吸している為、室内の湿度やホコリを吸収する性質があり時間の経過とともに風合が良くなっていくのが魅力です。湿度の高い時は湿気を吸収し、また低い時には蓄えていた湿気を放出する調湿効果あります。
小さなお子様や、妊婦さん、高齢者の方が いらっしゃるご家庭にオススメです。




通気性による透湿作用
「通気性」とは、水蒸気が壁紙を通過して室内側と下地側とを行き来する性能です。一言で言うと、「湿気の通り道」です。
高い透湿性があると湿気が壁紙・石膏ボードを自由に行き来することが出来て、高い調湿作用を持った石膏ボードを活かすことが出来ます。
ジメジメした梅雨の時期や寒い冬の閉め切った室内で高い効果を発揮して、「呼吸する家」を作ることが出来ます。



吸放湿性による調湿作用 
「吸放湿性」とは、壁紙自体で湿気を呼吸する性能です。自然素材の持つ多孔質成分により空気中の湿気を吸収したり、放出して調湿します。
ビニールクロスに比べて100倍近い透湿性があり、室内に多くの湿気の通り道がある状態を作ることが出来ます。




f:id:akigamishop:20190529131305j:plain

また、和紙壁紙は植物を原材料としているため身体に害がなく燃やしても環境を汚すことありません。環境と地球環境にも優しい和紙壁紙は地球温暖化の緩和にも貢献できるエコロジカル壁紙です。







ウール織じゅうたんと和紙壁紙の風合いや肌触りは、とても優しく
お部屋にぬくもりを与え、家やオフィスの「リラックス・集中・遊び」
に最適な空間をつくりだします。

f:id:akigamishop:20190529131333j:plain