CARPET LIFE 専門誌「C‐life」AGI

「C‐life」は カーペットに関する情報とアドバイスの記事、ウール織じゅうたん中心にウールカーペット・カーペット・ラグなど敷物のことをご紹介しています。

高齢者のためのカーペットの利点

 

f:id:akigamishop:20190529130824j:plain

ロールカーペットはシニアの暮らしの施設にとって最高の床材であると着目されています。
高齢者のための床材に関する情報はたくさんあります。

ここでは、なぜカーペットが高齢者のための最良の床材かいくつかお話いたします。


安全
安全のために一番の問題です。フロアカバーを必要とする高齢者は、転倒事故のリスクを低下させます。カーペット敷きの表面は滑りにくく滑らかな表面でスリップや転倒の防止に繋がります。
杖など使用する歩行者の場合、低パイルカーペットとしっかりとしたクッション性を組み合わせることで、歩行バランスが維持されます。
敷き込みの場合は、カーペットや敷物をしっかりと固定することを推奨しています。



癒しの色
色は気分に心理的な影響を与えます。穏やかな空間つくりの効果のために、緑、青緑、紫、珊瑚色、桃、暖かい中性色の選択をおすすめしています。ベージュやグレー系はも人気の色です
色はアルツハイマー患者にとっても重要な役割を果たします。患者は数字よりも色をよく覚えています。カーペットの色は記憶をつなげる効果があり、人を特定の部屋やエリアに向けるのに役立ちます。



雑音・騒音の減少
望ましくない騒音は、時には高齢者に負担が大きくなります。
高齢者は、他の家族よりも、家庭での騒音レベルに慣れていない可能性があります。
敷き込みの場合は、付属のクッションやアンダーレイなどを使用することで、より騒音を抑え、室内の音を抑える最も効果的な方法です。



快適性と暖かさ
カーペットの表面温度は、効率的な断熱材として機能するパイル構造により、硬質床の表面温度よりも実質的に高い。
これは足の甲と足が温度変化の影響を受ける高齢者にとっては大きなプラスです。
すべての人、特に高齢者には、安全の足元の快適さが不可欠です。



高齢者の床材選びに最良の選択肢として、より多くの方がカーペットを検討することを願っています。