CARPET LIFE 専門誌「C‐life」AGI

「C‐life」は カーペットに関する情報とアドバイスの記事、ウール織じゅうたん中心にウールカーペット・カーペット・ラグなど敷物のことをご紹介しています。

お家づくりの床選びに「カーペットの利点」

最近、市場では、非常に多くの床材があるため、どの床材がお家に最も適しているかを決めることは難しいでしょう。

f:id:akigamishop:20190529125832j:plain

カーペットには、お家の質を高めてくれる多くの性質があります。


■ 室内空気質
カーペットは2つの方法で室内空気質を高めます。

f:id:akigamishop:20190529125853j:plain
1つは、カーペットがほこりやその他のアレルゲンを捕まえ、呼吸ゾーンから出さないようにし、定期的に掃除機で吸引することによって取り除かれます。


f:id:akigamishop:20190529125912j:plain
2つめはウールカーペットを選択することです。ウールはホルムアルデヒドや二酸化窒素などの有害物質を吸着して、空気をきれいにする機能が備わっています。室内空気を30年まで浄化し続けることができると推定されています。ウールはお家の室内空気を改善し、より健康的な作業環境と生活環境を作り出します。



■ 快適さ
カーペットの最も広く知られているメリットのいくつかは、快適さ、暖かさ、そして断熱性です。カーペットは柔らかく、足元には優しい床材です。
カーペットの種類や敷き方、下地材によっては、床の感触や踏み心地に大きな違いを生みます。どのタイプのカーペット、敷き方、下地材かを購入前に生活スタイル合った選択をすることが大切です。



■ メンテナンス

f:id:akigamishop:20190529125934j:plain

他の床材のメンテナンスコストと比較すると、カーペットのメンテナンスは,はるかにコスト効率が良いです。定期的な掃除、12〜18ヶ月ごとの深い掃除、迅速なスポット除去は、お家のカーペットの外観と寿命を維持します。特にウール素材は汚れにくくメンテナンスも容易です。




■ 安全性

f:id:akigamishop:20190529125958j:plain

カーペットは足音を緩衝するのに最適です。滑りと転落を減らし、転倒が起こった場合には怪我を最小限に抑えるためにカーペットは選ばれます。カーペットは、特に幼児や高齢者のためには最適な床環境を提供します。
 
 
 

敷き方には、壁から壁まで敷き込む方法。

f:id:akigamishop:20190529125200j:plain



エリアに敷く置き敷き、ラグという敷き方があります。

f:id:akigamishop:20190529125133j:plain